AutoItV3 COM ウインドウ 未分類

AutoIT : WinGetState

投稿日:2014年3月10日 更新日:

説明

ウィンドウの状態を返します。

画面に表示されていないウインドウの状態も取得できます。

 

形式

Function WinGetState(strTitle As String, [strText As String]) As Long

 

パラメータ

  • strTitle : 対象となるウィンドウのタイトル
  • strText : (オプション) 対象となるウィンドウのテキスト

 

戻り値

  • 成功 : 1 以上
    ウィンドウの状態を数値で返します。
    複数の値を足した形で返されます。

    • 1 : ウィンドウが存在
    • 2 : ウィンドウが可視
    • 4 : ウィンドウが操作可能
    • 8 : ウィンドウがアクティブ
    • 16 : ウィンドウが最小化の状態
    • 32 : ウィンドウが最大化の状態
  • 失敗 : 0
    ウィンドウが見つからない場合、メモリ上にも存在しない場合は 0  を返します。
    AutoIt.error は 1 に設定されます。

備考

  1. 実際に使った感想なので、配布本サイトとは少し異なった内容になっているかもしれません。

    

注意

  1. 戻り値 1 は画面には表示されてないが、メモリ上には存在する画面の事です。
  2. メモリ上の問題も考えれば WinExists よりはこちらの WinGetState を使った方が確実にウインドウの状態を確認できます。

 

※準備中

-AutoItV3, COM, ウインドウ, 未分類
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

AutoItV3 のインストール

AutoIt のインストール例を紹介します。 AutoItV3   3.3.10.2 AutoItXのCOMインターフェイスを使う時は別途レジストリ登録が必要です。 最後に手順を紹介します。 Wind …

ExcelからAutoItX3 を参照設定する

Excel のVBA からAutoItX を利用してアプリケーションのプログラミング操作が可能です。 その為には Excel から AutoItX の ActiveX/COM を OLE 操作する為の …

AutoIT : WinWaitClose

説明 ウィンドウが存在しなくなるまでスクリプトの実行を一時停止します。 画面上に見えなくてもメモリ上に存在してる場合は一時停止状態が続きます。 メモリからも完全に消えた時に一時停止は解除されます。 ※ …

AutoItX のDLLのみインストール

AutoIt のフルインストールでは無く、ActiveX/COM、DLLインターフェイスを提供する部分のみ(AutoItX3.dll)をインストールしたい場合があります。 以下にその手順を示します。 …

AutoItV3 のダウンロード

AutoIt のダウンロード例を紹介します。 AutoItV3   3.3.10.2 Windows 7 64bit Internet Explorer 11   1. AutoIt の配布 …